社員の意識を自社ホームページに向ける/ホームページ制作・ホームページの運営管理・ホームページコスト削減ならケーズ ホームページ プロジェクトへ

TOP>社員の意識を自社ホームページに向ける

社員の意識を自社ホームページに向ける必要性

意外と思われるかもしれませんが、自社ホームページに無関心である社員は結構多い
ようです。
自分はホームページの担当ではないから、内容が更新されてもあまり興味がない、こんな
社員が多いようでは、 ホームページの活用がうまくいっているとは思えません。

これは社員に限らず、企業の経営者にも言えることです。
業者に方針だけ伝えて、あとは丸投げ。
完成後も業者任せであれば、社員が自社ホームページに無関心であることを問題視できる
はずがありません。

業者まかせ、あるいはホームページ作成担当者任せになると、どうしても自分たちのホーム
ページである
という意識が希薄になってしまうわけですね。



社員の意識を自社ホームページに向けることによる効果

では、なぜ社員の意識をホームページに向ける必要があるかというと、
意識を向けることにより、その改善点が見えてきますし、自社のサービス内容にも愛着が
わいてくる
からなんですね。

意識を向けるようになると、一人でも多くの人に見てもらうにはどのようにすればいいのか、
様々な工夫・アイデアが生まれてきます。
プロ目線ではなく、社員目線だから気がつくことも多いわけです。

社員数が多い会社ほど、意識を自社のホームページに向けさせることにより、劇的な効果を
生み出すことがあります。

各自が個人で運営しているブログで自主的に紹介するようにな意識レベルに引き上げること
ができればしめたものです。