簡単な記事更新は社内スタッフで行う/ホームページ制作・ホームページの運営管理・ホームページコスト削減ならケーズ ホームページ プロジェクトへ

TOP>簡単な記事更新は社内スタッフで行う

ホームページの更新は必要不可欠!

ホームページの作成を業者まかせにされている企業で、内容の更新をほとんど行っていないという話をよく聞きます。
業者まかせにされている場合、更新するためにはある程度のコストが必要になってきます。
少ない額なら更新頻度を上げることもできますが、けっこうな額の見積もりがあがってくると、どうしても更新を躊躇してしまいがちですね。

ホームページがネット上で埋もれてしまわないためには、ある程度内容を更新する必要があることは、説明するまでもないと思いますが、ホームページへのリピーターを期待するのであれば、なおさらのこと、ホームページの更新を一定間隔で行うことは必要不可欠と言えます。

「必要な事は分かっても、コストがかかり過ぎればどうしようもない」、という経営者の嘆きが聞こえてきそうですが、更新をあまり難しく考えすぎなのではないでしょうか。
ホームページの作り方にもよるのですが、HTMLなどの知識がほとんどない方でも更新できるようにホームページをデザインすることは簡単です。
ワードやエクセルを理解することができるレベルのスタッフであれば、社内で十分に更新作業を継続することは可能なわけです。

更新できない理由に、「スタッフが忙しすぎて記事作成まで手が回らない」、あるいは「ホーム
ページにアップできるような記事が書けない」などの意見も良く聞きます。
しかし、メーカーであれ、販売会社であれ、あるいは様々なサービスを提供する会社であれ、何らかの広報活動は行っているはずですね。
チラシやパンフレットの広報ツールも作成していることと思います。
その中で使用されている宣伝文は、おそらくスタッフで話し合われて決定された内容ではないでしょうか。
その都度作り変えられるチラシやパンフレット、その内容を基にホームページを更新していけば良いわけです。

このレベルの更新であれば、スタッフで十分可能です。
「簡単な記事更新であれば社内スタッフで行う 」、この考え方を持つことがホームページ活用に成功する重要なポイントではないでしょうか。

RSSを活用してホームページの内容を更新

RSSというのをあまり耳にしたことがない人が多いと思いますが、このRSSを利用すると、ブログなどの最新記事を効率良くサイトに表示することが可能です。
ブログならば、自分でブログを作成しているという社員は多いですね。
そんなに抵抗なく記事をアップしていると思います。

このブログを社内で活用し、スタッフが書いた記事をホームページに表示する、こういう手法でサイトを運営している会社もあります。
このような方向性を考えているならば、業者にホームページ作成を依頼する時に、ブログ表示の設定まで話を詰めておけばいいわけです。