自分でできるアクセス解析/ホームページ制作・ホームページの運営管理・ホームページコスト削減ならケーズ ホームページ プロジェクトへ

TOP>自分でできるアクセス解析

アクセス解析を導入してホームページを分析・改善する

ホームページを作ってそのまま放置している方に多いのが、アクセス状況をまったく把握していないということです。 アクセス数はもちろんのこと、潜在的な顧客が、どのようなキーワードでホームページにたどり着いているのか、気になるところではないでしょうか。

業者まかせでホームページを作成した場合、見栄え、形だけは整っていますが、アクセス解析のスクリプトが設置されていなくて、今までのアクセス状況がまったく分析されていないということがよくあります。 業者から完成ホームページが納品された時に、アクセス解析のことが説明されていれば問題ないのですが、まったくそのことに触れずに納品された場合、アクセス解析のことが無視されている可能性が高いですね。

このアクセス解析の導入は、それほど難しくはありませんから、ご自分で設置してみてはいかがでしょうか。
どうしても自分では無理であるとお考えであれば、ホームページ作成を業者に依頼する時に、アクセス解析の件もきっちり要望として伝え、分析の仕方なども確認しておいた方が良いと思います。

お勧めのアクセス解析

ご自分でアクセス解析を設置する場合、解析スクリプトを作成したページに埋め込み、FTPソフトでサーバーにアップする必要があります。
このように説明すると、難しく感じてしまう人が多いのですが、非常に簡単ですので、ぜひご自分でやってみられることをお勧めします。

アクセス解析のツールは使いやすさや見やすさ、あるいは好みもありますので、いくつか試してみて、気に入ったものを導入するといいでしょう。
代表的なものはGoogle Analyticsですが、この他にFC2アクセス解析ツール
忍者アクセス解析ツール
などがありますが、ホームページが表示されるたびに広告が入るものもありますので、企業で使う場合には判断が必要です。
もちろん、費用を払って広告を非表示にすることもできますので、それも選択肢の一つですね。

私が好んで使用しているのは、リサーチアルチザンというアクセス解析ツールです。
広告表示もなく、使い勝手も非常に優れていたのですが、残念ながら無料でのサービスは終了してしまいました。しかし、オープンソースが公開されており、ご自分でサーバーにアップできる方にはお勧めのアクセス解析ツールです。

アクセス解析は見ているだけでは何の役にも立ちません。
自分で分析し、判断を下してホームページを日々改善していく、そのための強力なツールであるということを認識する必要がありますね。