ホームページ作成コストを明確にする/ホームページ制作・ホームページの運営管理・ホームページコスト削減ならケーズ ホームページ プロジェクトへ

TOP > ホームページ作成コストを明確にする

ホームページのどこに費用をかけるべきか

ホームページは作成にいくらでも費用をかけることができるという企業は少ないでしょう。
たいていは、できるだけホームページ作成コストを抑えながら、最大限の効果を得たいと考えるものです。
確かに費用をかければ、それなりのグレードのホームページ作成は可能だと思いますが、コストを抑えて仕上げたホームページが必ずしも見劣りするとはかぎりません。
場合によっては、コストをかけたホームページよりも威力を発揮する場合も少なくないわけです。

ただし、ホームページ作成は手間がかかる部分があります。
とにかくホームページ作成費用を抑えようと、業者の見積もりを徹底的にたたいて、とことん値段を下げさせる企業オーナーもいらっしゃいますが、時給換算して普通のアルバイトよりも安い費用になるようなら、だれも気持ち良くホームページ作成を引き受けはしないでしょう。
よく友人にたのんでホームページを安く作ってもらうという話を聞きますが、結局は望みの結果を得ることができず、再度作り直したり、新たに業者に作成を依頼することになったりと、結局は高くついてしまうこともあります。

ホームページの見栄えは中に使う画像で決まる場合がよくあります。
自社の製品の販売促進を期待するのであれば、ホームページで使用する写真はできるだけ商品の魅力を余すところなく伝えるものでなくてはなりません。
例えば、食べ物なら、その写真を見て喉をごくりと鳴らして思わず食べたくなる、そんな雰囲気を伝える写真が必要なわけです。
よく素人が撮影した写真で済ましてしまう方がいますが、素人写真とプロの写真は明らかに異なります。
自社の商品を紹介する写真に関しては、あまりコストをケチらないようにした方が賢明ではないでしょうか。

自社で作成しているチラシやパンフレットがあれば、それを有効活用するのもコスト削減に役立ちます。
せっかく費用をかけて作成したチラシやパンフレットですから、ホームページでも有効活用したいものですね。

ホームページコスト計算にはランニングコストも必要

ホームページを作成しただけで満足する人はまずいないでしょう。
たいていは、アクセスを集め、自社の売り上げ、利益増にホームページが貢献することを期待しているはずです。そのためには、内容の更新という作業が必要になってきます。
自社内でホームページ運営管理の担当者がいる場合は、さほど気にならないかもしれませんが、完全外部業者に委託している場合は、その都度更新費用が発生し、思わぬ出費になることがよくあります。

ホームページ作成というのは、更新作業などの運営費用も考えてコスト計算することが重要なんですね。