.style1 { color: #FF0000; }

ホームページにアクセスを集める/ホームページ制作・ホームページの運営管理・ホームページコスト削減ならケーズ ホームページ プロジェクトへ

TOP > ホームページにアクセスを集める

ホームページにアクセスを集める効果的な方法

ホームページにアクセスを集める方法はインターネットで探せばいくらでも紹介されていますね。 しかし、いざ自分でやろうとすると時間がかかったり、無駄な作業が増えたりと、思うようにアクセスを集める事ができないという声をよく聞きます。
企業でホームページ運営に専属のスタッフを雇える場合はいいですが、やはり、通常の業務をこなしながらホームページの運営を兼務しているというスタッフの方が圧倒的に多いのが現状ではないでしょうか。
やればいいのは分かっていても、ホームページに時間をかけてはいられない、というのが本音でしょうね。

一般的にアクセスを集めるためにはgoogleやYahooで検索された時に、上位に表示されることが必要とされています。
そこで業者がSEO対策などの説明をするわけですね。
このSEO対策は、安い費用で請け負っている業者から、月々高額な費用設定を行っている業者まであります。
高額だから効果が必ずある、と言えればよいのですが、中には費用に見合った効果を出していない業者もいますので、注意が必要です。

やはり、すべて業者まかせにするのではなく、できる範囲でコツコツご自分の会社で行うことが望ましいと思いますね。

通常、アクセスを集めるためにはアクセスを集めやすいキーワードを検討し、それを盛り込んだ記事をできるだけたくさんアップしてロングテールを狙うことが重要だと言われています。
もしろん、更新頻度も重要です。
この他には、相互リンクの依頼、内容が関連するブログなどへのコメントの書き込み
ランキングサイトへの登録、内部リンク、属性の合ったサイトからの外部リンクの充実、
中小検索エンジンへの登録などでしょうか。

この中で、この部分なら自社でできるというところを選択して行い、アクセス解析で分析していけば、何がアクセスアップに効果があったのかが分かりますし、ホームページ担当者の意欲も高まると思いますね。
 

過度のSEO対策はスパム判定の危険と隣り合わせ

アクセスを集めたいからと、むやみやたらと相互リンクしたり、自動リンクソフトや自動書き込みソフトを使う、あるいは数百ページが一瞬でできるソフトを使って、各ページからのリンクを一度に貼るなど、やり方を間違うと検索エンジンにスパム判定される恐れがあります。

このスパム判定を甘くみると、企業の場合大きな痛手を受けることになります。
検索順位が下げられるぐらいならまだましですが、どのキーワードで検索しても表示されない、いわゆるネットから追放された形になってしまいます。
個人が作っているサイトであれば、すぐに別のドメインや無料サイトを利用してホームページを作り直しても問題はないかもしれませんが、企業のホームページはそんなに簡単にはいかないですね。

アクセスアップは地道な作業。
あせらず、まずはホームページの内容を充実させ、できる範囲のアクセスアップ作業を自社で行うことが大事なのではないでしょうか